クレカの換金を行うリスクとは

HOME » 安全な換金方法 » クレカの換金を行うリスクとは

クレカの換金を行うリスクとは

とっても便利に利用することができるサービスであるクレカの換金ですが、クレカの換金を行うにあたってメリットだけではありません。
とても便利なシステムの裏側にはリスクもあります。
そのリスクを知ったうえでそれでも利用したいという場合だけ利用するようにしましょう。
クレカの換金とはクレジットカードのショッピング枠を現金化する方法になります。
とても手軽に行うことができますが、リスクとはいったいどういったものがあるのでしょうか。

リスクとしてはまず詐欺の被害にあう恐れがあるということがあげられます。
もちろん信頼できる安心して利用できる優良業者を利用してクレカの換金を行った場合ではそういった被害はないでしょう。
ですが、中には悪質なクレジットカードの現金化業者も残念ながら多くありますので、そういった悪質な業者に引っかかってしまった場合に、詐欺の被害にあってしまう可能性があります。
しっかりと業者が信頼できるかどうかを見極めたうえで業者を利用するようにする、ということがポイントになります。

それからまたクレカの換金はあくまでもグレーゾーンにあたりますから、クレジットカードの利用停止になる可能性もあるのです。
というのもクレカの換金において法律違反ではないもののクレジットカードの発行元会社が現金化を目的とした利用を規約違反として掲示されているケースが一般的です。
ですのでクレジットカードの現金化を目的としてクレジットカードを利用したということがクレジットカードの発行元会社に発覚してしまった場合に、規約違反とみなされてクレジットカードの利用停止処分にあってしまう可能性が考えられます。

クレジットカードの現金化を自分で行った場合に、発行元会社に発覚する可能性が高くなりますので業者を介した利用をおすすめします。
また無茶で怪しい使い方や商品の購入、それからキャッシング枠に余裕がない状態での大きな金額のショッピング枠の利用が怪しまれやすいです。