クレカの換金を自分で行うには

HOME » 安全な換金方法 » クレカの換金を自分で行うには

クレカの換金を自分で行うには

クレカの換金、クレジットカードの現金化といえば業者に依頼することで行ってもらうことができる、専門的な業者を介して行うものであるというイメージがあることかと思います。
ですが特に業者に対して申し込みを行わなくても現金化を行うことができる方法もあるのです。
それが自分で行うクレジットカードの現金化となります。

ですが自分で行うクレジットカードの現金化の場合には注意点もありますので気を付けて行うようにしましょう。
というのもこのクレジットカードの現金化は法律に違反しているような行為ではないものの、あくまでもグレーゾーンであるという位置づけになるんですね。
法律違反ではありませんがグレーゾーンとなります。
その理由としては現段階においてはクレジットカードの現金化を規制するような法律は日本にはありません。
ですがクレジットカードの発行元会社が掲げている規約の中でクレジットカードの現金化を禁止するといった趣旨の内容が掲載されています。
どのクレジットカードの発行元会社の規約にも掲載されていることかと思います。

ですので万が一クレジットカードの発行元会社にクレジットカードの現金化を目的として、クレジットカードを利用しているということが発覚してしまった場合には、クレジットカード自体の利用を停止させられてしまう可能性があります。
規約違反であるとしてクレジットカードの利用停止処分にあってしまう恐れがあるのです。
ですのでそういったことにならないように十分気を付けて行わなければいけません。

自分自身で行う場合にはクレジットカードで何かしらの商品を購入して、その商品を買取業者に買い取ってもらうことで現金化をすることができるという仕組みになっているのですが、その内容が怪しまれれば調べられて現金化に利用したということがばれる可能性があります。
怪しまれないためにもクレジットカードのショッピング枠だけでなくキャッシング枠にも余裕を持たせておくようにしましょう。