クレカの換金は違法なの?

HOME » 安全な換金方法 » クレカの換金は違法なの?

クレカの換金は違法なの?

クレジットカードを持っているのであればクレカの換金を行うことが出きます。
クレカの換金は手軽にできますし、通常キャッシング等で必要となる審査も必要ないケースが多く、多くの方々から注目を集めています。
ですがこのクレカの換金ってそもそも違法ではないのでしょうか。

違法なのだったら危険なリスクを冒してまで利用したくないという方もいらっしゃるかもしれませんが、特にクレカの換金は違法行為には当たりません。
違法ではないのです。
クレジットカードの現金化を規制するような法律は、現段階において日本にはないので、違法行為にはならないんですね。
ですのでクレジットカードの現金化を利用したとしても違法行為で捕まってしまうようなことはありませんので、安心できます。

ですが違法行為ではないもののグレーゾーンである行為になります。
グレーゾーンであるということですが、法律には違反しないもののクレジットカードの発行元会社が掲げている利用規約に違反するケースがあります。
クレジットカードの発行元会社が現金化を目的としたクレジットカードの利用を規約として禁止しているんですね。
ですのでその規約がある以上、現金化を目的としてクレジットカードを利用したということがクレジットカードの発行元会社に発覚してしまった場合、規約違反によってクレジットカードの利用を停止させられてしまう恐れがあります。

クレジットカードの利用が停止となってしまいますと、クレジットカードの現金化どころか、日常生活におけるクレジットカードでのショッピングも行うことができなくなってしまいます。
またキャッシング機能の付いたクレジットカードの場合ではそういったキャッシングもつかえなくなってしまいます。
ですのでとても不便なことになってしまうでしょう。
またクレジットカードの利用停止となると、社会的信用情報に対して影響を及ぼしてしまうという可能性も考えられます。
気を付けるようにしましょう。